小倉北区の皮ふ科・内科 中川クリニック北方方面三萩野バス停より徒歩1分
アトピー性皮膚炎のご相談お待ちしております.
ていねいで思いやりのある診療をモットーに患者さんへ寄り添い病気の悩みの解決に力を注いでいます。

皮ふ科と内科のことなら、小倉北区の中川クリニックにお任せください。

医療法人中川クリニック

        〒802-0064  福岡県北九州市小倉北区片野1-1-57モノレール香春口三萩野駅徒歩5分

診療時間
午前   9:00~12:30
午後 15:00~18:00
休診日
木曜・土曜午後
第二土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

093-921-1113

火傷、熱傷(やけど)

原因

熱湯が多い。暖房器具(ストーブ、アンカ類、アイロンなど)

症状

受傷部位に発赤、腫れ、水ぶくれ、痛みが現れる。

強い痛みが初期の症状である。深い熱傷では神経も障害するため痛みがない場合もある。

熱傷の深さによって、1度、2度、3度の熱傷に分けられる。

1度熱傷:最も軽いタイプ、表皮のみが障害を受けて皮フがヒリヒリと痛み赤くなる。水ぶくれにはなりにくい。

2度熱傷:表皮の下の真皮に達する熱傷。強い痛みああ利、熱傷受傷後24時間以内に水ぶくれができる。

3度熱傷:皮フは神経も障害されるため、痛みは感じにくい。皮フ表面は白くなったり、黒く硬くなることがある。深い潰瘍となるので跡になりやすい。

治療

やけど後は最低30分ぐらいは水道水か氷水で冷やしましょう。

冷やすことでやけどした場所の炎症、腫れを抑え、痛みを和らげることができる。

跡が残るかどうかは熱傷の深さと受傷後からの処置方法によって変わってきます。l

細菌感染を防ぐために抗生剤ののみぐすりを使用します。

炎症が広がらないように、ステロイド剤や抗生剤のぬりぐすりを使用します。

跡に残りにくくするため保湿剤を使うこともあります。

生活上の注意
  •  
  • やけど後は最低30分は冷やしましょう。
  • あわてて衣類は脱がないようにしましょう。
  •  
  •   →刺激で皮フがやぶれることがあります。
  • 水ぶくれは破らないようにしましょう。

アクセス

医療法人中川クリニック

〒802-0064福岡県北九州市小倉北区片野1-1-57
モノレール香春口三萩野駅より徒歩5分

お電話でのお問合せはこちら

093-921-1113
診療時間
(受付は診療終了時間の15分前まで)

月・火・水・金 9:00~12:30/14:30~17:30

木・土     9:00~12:30

休診日

第二土曜・日曜・祝日

木・土は、午後休診

院長プロフィール

院長名

経歴

  • 昭和57年川崎医科大学医学部卒業
  • 川崎医大付属病院皮膚科勤務

  • 昭和60年 水島中央病院皮膚科勤務

  • 昭和61年 川崎医大付属病院皮膚科復帰

  • 昭和63年 大田皮膚科医院開設

  • 平成22年 中川クリニック(名称変更)

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

副院長プロフィール

郡家 正彦

経歴

  • 昭和63年 横浜市立大学医学部付属病院勤務

  • 平成7年 済生会横浜市南部病院勤務

  • 平成9年 日本医科大学付属病院勤務

  • 平成11年 伊勢崎市民病院勤務

  • 平成14年 横浜市港北区MGクリニック開設

  • 平成22年 中川クリニック勤務

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

アクセス

093-921-1113

802-0064
北九州市小倉北区片野1-1-57
モノレール香春口三萩野駅より徒歩5分

診療時間

診療時間

月・火・水・金
午前  9:00~12:30
午後 14:30~17:30
木・土
午前  9:00~12:30

休診日

木曜・土曜午後
第二土曜日・日曜・祝祭日